So-net無料ブログ作成
検索選択

ベーコン&チーズのトマトパンと夏野菜のイタリアンパン [-おうちベーカリー]

DSC_1060.jpgカットトマトでこねた生地で2種類のパンづくり。クミンシードが付いてる丸パンの中身はチーズベーコン。三角パンの上にはズッキーニ、プチトマト、黒オリーブ、パプリカ(黄)を飾る。それぞれデザインに差が出るのがおもしろい。写真は先生の見本。

かれこれ4つのパン教室で、手法や教え方の違いをみている。まるでパン好きのようでいて、実は断然ゴハン党。パンは食べるより、つくることが好き。手捏ねで粉が変化していく過程を見るのが好き。
目下の興味は、ドライイーストよりも天然酵母。天然酵母よりも野生酵母づくり。先が楽しみ♪ 

ドライイーストは大手のABCとベターホーム(BH)で。ABCが平成、BHは昭和の香り。ABCが趣味クラブとするなら、BHは簡易的な学校。受講システムも講師も手法もまるで違うので、おもしろいが、いづれにせよ、どの料理学校も50年の歴史があるBHをベースとして独自の改良をしている気がする...

全くの初心者がパンづくりを教わる場合、まずは身体で覚えるには時間が許す限り、月に何度でも通えるABCがいい。進んでいる人と同じテーブルmax5人に、講師ひとりがアテンドする形で、見よう見まねで捏ね方を学ぶ。ただ、ひとりひとり作っているパンが違うこともあり、時間に限りがあるから具体的な質問がしにくく、ABC作法が独特だということにも後で気づき、謎が残る。結果として、知らない間にどんどんマニュアルどおりにパンは焼けるけど、頭には何も残らない感じ...。

ベテラン講師の実演を見て、コツなどを先に聞き、2-30人が一斉に同じことを基礎から月一で少しずつ学ぶなら、BH。パンづくりのマメ知識もレシピに書いてあるので、段階を追って学ぶことができ、1回で2種類のパンを学び、コスパもABCより良心的。最後に紅茶と共に試食もできる。ただ、8-10人に講師がひとりの割合で見回るだけなので、自分のクセが固まってしまう恐れもあり、時間によってはマンツーマンで学べるABCと違って、初心者には注意が必要。独特の作法(決まり事)もなく、発酵器も利用しないので敷居が低く、初心者でも自宅ですぐに復習してみようと思えるのはいい。ABCは自宅で再現するより、多忙な働く女子が息抜きをしに教室に来て、教室以外では焼かない人も多い気がする。それって、昔の自分のこと?

いい加減、自宅で復習して、「パンのこつの科学」も熟読したい....。

DSC_1063.jpg野菜イタリアンパン。
自分のデザイン。

nice!(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 11

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。