So-net無料ブログ作成
検索選択

鍋貼(ゴーティエ) [-ウー・ウェンさんの小麦粉料理]

DSC_0369.jpg日本の焼き餃子に一番近いと言う、北京風ゴーティエを習得。これは日本で言えばタコ焼きのような存在の屋台料理。家庭では具のバリエーションが豊富な水餃子が余ったら翌日焼くことはあっても、最初から焼き餃子は作ることはしない。餃子をおかずに白飯を食べるなど、もっての他! その差は満州で暮らしていた祖母にきいて知っていたけど、包み損ねたようなゴーティエの作り方は、さすがに(他界した)祖母も教えてくれなかったな、と遠い目。

皮は上部を閉じるだけで、具はあえて包み込まない。包んだ後で底が四角くなるよう麺台で成形。鍋肌に当たる面を広くすることで熱伝導を高める。肉汁が出るのでうまそうな匂いがたちこめ、屋台に人を呼び込むのだという。溢れ出す肉汁を封じ込めるために、羽をつける。日本は包み餃子なのに、あえて羽をつける意味が全く解せないと、ウーウェンさん。確かに、どうゆう意味があるのか、謎。

あまりの美味しさにバクバクと、餃子は別腹と言わんばかりに食べた。手作りの皮は一口サイズで食べやすく、具の味付けが絶妙で、酢醤油など全く要らない。挽肉は使わず、豚の薄切りを細かく刻み、隠し味は甜麺醤か?サイドディッシュは、紫米のおかゆと、セロリと筍のピリ辛和え。ザーサイが効いていて、これまたホントに美味しくて、大満足♪

DSC_0341.jpgDSC_0342.jpgDSC_0346.jpg










一気に熱湯を入れてボロボロになったら、暫く寝かせ、手の平でツルツルになるまでこねて、8cm大の皮を成形。

DSC_0358.jpgDSC_0362.jpgDSC_0371.jpg













羽根付き焼き餃子の出来上がり!筍は毒出し効果があるので食べてね、とウーウェンさん。紫米のおかゆは汁を飲むようにとのこと。そのココロは、お目目にきく、アントシアニン効果があるということかな?

DSC_0359.jpg 香りと味を思い出したくて、写真は大きく保存します。
何度でもつくりたい。
何度でもつくってあげたい。
このお味! 


nice!(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 10

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。