So-net無料ブログ作成
検索選択

ルヴァン・プティ [-天然酵母パンパカパン]

DSC_0337.jpg流行の天然酵母パンを好奇心たっぷりに習ってみた。どうやって天然酵母をおこすのかが知りたくて、レーズン等を空き瓶に入れて発酵させ、ブクブクと泡立つ様子をイメージしていた。

ところが、粉末の酵母で生種をつくると知り、正直、拍子抜け。ホシノとか、あこ、白神こだま等の酵母名は耳にしていたけれど、無知だった。しかも、ホシノ酵母自動発酵器を利用すると知り、軽いショック。それだけ酵母を起こすのは難しいということだろうけど、できるだけ器具を増やさず手軽につくれる製法を追求したいし、今は
色々な製法や味を比較検討段階なので、購入は控えることに。

加えて、先生は(多分、多量につくることもあり)、手捏ねはしたことがなく、初耳のニーダーというパンこね機の存在も知る。手捏ねできる程度の量がつくれればいいので、これも買う気にはなれず、もし手に入れるなら万能フードプロセッサー:クイジナートかな、と思う。


天然酵母の生地は、イーストに比べて柔らかい。短時間製法がコンセプトのABCと違い、粉や塩・砂糖にもこだわり、発酵に時間をかける分、当然、美味しく仕上がる。

初回作は、ルヴァン・プティ(おしりパン)と、胡麻入りとプレーンの山型食パン、同生地で成形を変え、胡麻生地に有機のこし餡、プレーンにカマンベール+フランスのオレンジピールを挟み、四角いセルクルで焼いたプチパン。この角型18cmのセルクル、ほしい。でも、和菓子用の流し缶(卵豆腐器)で代用できそうな気がする...。
 
DSC_0296.jpgDSC_0298.jpgDSC_0299.jpg





 






25℃の場所で7時間位一次発酵させ、プクッとしたら生地をこそげとり、そのままひっくり返さずにドロンチョと捏ね台に移す。イーストを多めにして40℃位で長くても30分の発酵だったABC製法とはまるで異なる。味にどれ位の差が出るのか、両方同時に焼いて実験してみたら、おもしろそう~♪

DSC_0316.jpgDSC_0323.jpgDSC_0335.jpg













中央に切れ目をいれて二次発酵させた後、再び、切り込みを鋭く入れて焼き、おしりパンの出来上がり。
DSC_0312.jpgDSC_0319.jpgDSC_0326.jpg













セルクルに並べ、二次発酵させると生地がみっちり。卵黄か水で表面を塗らすことで乾く間に生地を釜伸びさせる。卵液の方が焼き色がキレイ。中の具は生地の2/3量。下の写真は同じ生地で大きめに成形した山型食パン(イギリスパン?)。試食で、アンチョビバターを付けていただいた。美味~♪

DSC_0315.jpgDSC_0321.jpgDSC_0329.jpg














初めての天然酵母パン教室。全てにおいて洗練されていて、経験に基づいて先生が細かく説明してくれることも興味深く、月一で通うのも楽しみ♪   ただ、天然酵母である以上、ひとりひとりが全工程を習えないので、パンづくり初心者には、さっぱりわからず終わってしまうんじゃないかと余計な心配。製法や味はさておき、ABCで基礎を体得しておいてヨカッタとつくづく思う:)


nice!(11) 

nice! 11

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。